ニキビ跡 化粧水

ニキビ跡を化粧水で治す!!使う前に知りたいメリット・デメリット

 

あなたもなんとなく気付いていると思いますが、ニキビ跡は自然回復することができません。

 

何もケアしないで治るなら、ニキビ跡で悩む人がこんなに多いわけがないんですよ、ニキビ跡を治すためには病院でレーザー治療を受けたり、ケミカルピーリングをするか化粧水などのセルフケアを行う必要があります。

 

でも、病院での治療はとてもお金がかかりますよね。

 

レーザーの種類や施術の範囲にもよりますが、500円玉程度の大きさの治療で一回3〜4万円です。顔全体のレーザー治療を受けたいという場合は一回で10万円以上かかってしまいます。

 

完璧に治すためには月一回、1年くらい通うことが必要になるのでかかる費用はかなり高額。もちろん、保険適用外なのでローンを組まなければ支払えないという人も多いです。

 

病院でケアした方が早く治るとは思いますが、費用を考えると自宅でケアする…というのも選択の一つです。では、自宅で化粧水を使ってニキビ跡を直すことを考えたときのメリットやデメリットを考えてみましょう。

 

ニキビ跡に効果がある化粧水で治す時のメリット・デメリット

【メリット】
化粧水を使ってのケアは、病院で治療を受けるようなコストがかからないのが最大のメリットです。コストがかからないといっても、病院治療よりは低価格ということです。

 

ニキビ跡は市販で売られているような安い化粧水を使ってもどうにもならないことがほとんど。

 

ニキビ跡に効果がある化粧水はビタミンC誘導体などが配合されている、ちょっと高めの化粧水でなくては意味がありません。大体5千〜1万円くらいが相場です。

 

ニキビ跡向けで有名な化粧水と言ったらビーグレンが一番有名ですね。

 

 

ビーグレンを見てみる

 

それ以外におすすめするならシーボディVCなどがいいと思われます。。

 

【デメリット】
病院治療に比べると効果が出るまでにかなり時間がかかります。レーザー治療も長期間ですが、それ以上に長期的なケアになるということは覚えておきましょう。

 

ニキビ跡の種類は大きく分けて赤み、シミ、凹凸タイプの3つがありますが、化粧水ケアでは凹凸タイプのニキビ跡は化粧水ケアだけでは残念ながら薄くするのが限界です。

 

赤みタイプがこの中でも一番消えやすく、シミタイプは治るまでに時間がかかり薄くなる程度しか効果がでないこともあります。

 

病院治療も化粧水ケアも一長一短

病院治療も化粧水治療もそれぞれメリットとデメリットがあります。

 

最初から高額なレーザー治療を受けるのは不安という人も多いと思います。まずは化粧水ケアでどのくらい薄くなるのかを試して、どーしても直したくなったらレーザー治療に切り替えるのがいいと思います。