マラセチア毛包炎 原因 治し方

マラセチア毛包炎の原因と治し方|自宅でケアすることは可能?

マラセチア毛包炎とは、ニキビとよく似た症状で主に背中にできます。
ニキビに間違えられることが多いのですが、原因も改善方法も全く違います。

 

改善するのに大切なのは、ニキビではなくマラセチア毛包炎だということにいち早く気づくこと。
マラセチア毛包円の原因と治し方について詳しく紹介していきます。

 

マラセチア毛包炎の原因

マラセチア毛包炎の原因はマラセチア菌というカビの一種です。

 

マラセチア菌は誰の皮膚にでも存在している常在菌の一つですが、様々な要因で毛穴で増殖し、炎症を起こすことがあります。

 

悪さをしていないうちは無害ですが、アトピー性皮膚炎を悪化させるリスクもあるので、しっかりと対処しておきたい菌です。

 

常在菌であるマラセチア菌を増殖させてしまう原因はいくつかあります。

 

汗の分泌が増える高温多湿な季節

マラセチア菌は高温多湿な環境を好みます。
カビの一種なので、夏場に増殖しやすい菌なのです。

 

暑い季節に汗をかいてもそのままにしていたり、通気性の悪い服装でいると、マラセチア菌が増えてしまうので要注意です。

 

さらに、マラセチア菌は皮脂を好むので皮脂が多い部分に発生しやすいです。
皮脂が多く蒸れやすい胸や背中、肩や腕などに発生しやすいということを覚えておきましょう。

 

背中や胸ほどの発生頻度ではありませんが、脚やお尻に発生することもあります。

 

皮脂の洗い残し

マラセチア菌は、お肌を清潔にしていれば増殖することはあまりありません。
毎日お風呂に入って清潔を保っていれば、ある程度予防できます。

 

でもマラセチア菌が増殖しやすい胸や背中は洗いにくく、洗い残しが多くなる部分でもあります。

 

ボディソープが残っていたり、皮脂が洗い落とせていない場合はマラセチア菌が増殖する原因になってしまうので気を付けましょう。

 

大事なのは、毎日お風呂に入ってお肌を清潔な状態に保つことです。

 

過剰なスキンケア

背中やデコルテなどに、顔と同じように化粧水や乳液をたっぷりつけている人もマラセチア菌を増殖させやすいので注意が必要です。

 

過剰なスキンケアはお肌を蒸れさせて菌の繁殖を促してしまいます。

 

背中や肩、胸元などは、顔ほど水分量を必要としていません。適度な量を心がけましょう。

 

免疫機能の低下

体の免疫力が落ちるとマラセチア菌が増加しやすくなります。
皮膚の細菌やカビのバランスがコントロールできなくなるためです。

 

病気や体調不良の時期はマラセチア菌が増殖しやすいので注意しましょう。

 

抗生物質の服用

風邪などで抗生物質を服用すると、皮膚の細菌が抗生物質により減ります。

 

マラセチア菌は真菌(カビ)なので抗生物質は効きませんから、皮膚に残り増殖してしまうことがあります。

 

抗生剤を服用してから背中などがポツポツと赤くなったらマラセチア毛包炎の疑いがあります。

 

マラセチア毛包炎の治し方

マラセチア毛包炎

マラセチア毛包炎の治し方を紹介します。

 

□通気性の良い服を着る
夏場は特にマラセチア菌が増殖しやすいので、通気性の良い服装にして、熱や汗がこもらないようにしましょう。

 

□肌の清潔を保つ
マラセチア菌はカビなので、汗や皮脂を好みます。お肌を清潔に保つことで予防、改善することができるでしょう。

 

特にシャンプーのすすぎ残しに注意することが必要です。

 

マラセチア菌はカビの一種なので、じめじめした環境のところで繁殖していきます。

 

シャンプーのすすぎ残しなどがあるとマラセチア毛包炎の原因になってしまうんですよ。

 

髪が長い方はシャンプーを洗い流すのは大変かもしれませんが、背中や胸にすすぎ残しがないかしっかり確認するようにしましょう

 

□温度と湿度を調整した環境づくり
マラセチア毛包炎の起こりやすい高温多湿な夏の時期は、エアコンで室内の温度と湿度を調整しましょう。必要以上に汗をかかない環境づくりが大切です。

 

□規則正しい生活習慣を心がける
マラセチア毛包炎は睡眠不足や栄養不足で免疫力が低下すると起こりやすくなります。
普段から規則正しい生活習慣を心がけましょう。

 

□皮膚科を受診
症状が繰り返したり、ひどくなった場合は自然に治るのは難しいので、皮膚科を受診しましょう。

 

皮膚科ではケトコナゾールという抗真菌薬が処方されるのが一般的です。
保険適応内の薬なので、安心ですよ。

 

素早く効率よく治すためには、皮膚科を受診するのが一番良いでしょう。

 

まれに、ニキビ治療用のクリームを塗って様子を見ているという人もいるようですが、ニキビ治療用の薬はマラセチア菌には効きません。

 

塗った薬のせいで毛穴が詰まって悪化させてしまうこともあるので、気を付けましょう。

 

塗り薬だけでは治りにくいという場合は、内服の抗真菌薬が処方されることもあります。
イトラコナゾールという内服薬で、こちらも保険適応内です。

 

軽度のマラセチア毛包炎は自宅で治せる

マラセチア毛包炎が酷い、大量の場合は皮膚科で薬を処方してもらわなければ治りません。
背中や胸全体にできてしまっている人はなるべく早く皮膚科へ行きましょう。

 

ですが、量が少ない軽度の場合は、自宅でケアすることもできます。
マラセチア毛包炎の自宅でのケア方法を紹介します。

 

1、“AHA(フルーツ酸)”や“酵素”の石鹸を使って角質を落とす

マラセチア菌はニキビの元となるアクネ菌とは違って、毛穴汚れを落としたり保湿ケアをすることでは治せません。

 

基本的には抗真菌剤で治すのですが、フルーツ酸や酵素などの石鹸を使って角質を落とすことで改善することができると言われています。

 

2、サリチル酸の入ったものでアクネ菌とマラセチア菌の両方を撃退する。

サリチル酸には殺菌防腐作用や角質溶解作用があるので、ニキビケア商品にも幅広く使われていますよね。ピーリング効果でニキビケアをすることを目的としています。

 

マラセチア菌にも効果があるのでアクネ菌とマラセチア菌の両方を撃退することができれば、マラセチア毛包炎は改善されます。

 

アクネ菌だけを撃退してもマラセチア毛包炎は治りませんし、さらに悪化してしまう可能性もあるので、抗炎症のニキビケア商品ではなくサリチル酸配合の商品を選ぶようにしてくださいね。

 

サリチル酸配合のニキビケア化粧品では「ファーストクラッシュ」がおすすめ。
【関連記事】ファーストクラッシュの口コミ体験談|どんな子におすすめできる?

 

治らない!と思ったら皮膚科を受診しましょう

マラセチア毛包炎 皮膚科

マラセチア毛包炎は痛みを伴うことが少ないため、特に何もせず放置されることも多いです。
肌の清潔を保ち、高温多湿になるのを避ければ、ある程度は改善されて予防できるでしょう。

 

それでも「治らない」「増えてきた」と感じる場合は皮膚科を受診しましょう。

 

マラセチア菌には抗真菌薬しか効果がありませんから、皮膚科で薬を処方してもらうのが一番確実な治療法です。