ニキビ 隠す

緊急自体に!!中学生・高校生がニキビ、ニキビ跡を隠すためにできる2つの方法

 

ニキビやニキビ跡ができていると、気になりますよね。
卒業写真を撮る時や、彼氏とのデートのときにはニキビやニキビ跡は絶対に隠したいと思うもの。
特別な時にニキビやニキビ跡を隠すための二つの方法を紹介します。

 

ファンデーションを使って隠す!

ここぞというときにニキビやニキビ跡を隠すためにはファンデーションを使うのが一番簡単な方法です。

 

ニキビ肌の上からファンデーションを乗せるので目立たなくなります。
そこで大事なのはファンデーションの選び方です。

 

ニキビ肌にファンデーションを使うときには、上手に選ばなければニキビを悪化させてしまいます。

 

ファンデーションを選ぶ時には、できるだけ油分が含まれていないものを選びましょう。

 

油分の多いファンデーションを使ってしまうと、毛穴に油分が入りこみ、更にニキビを増やしたり悪化させたりし舞う原因になります。

 

ニキビを隠すことだけが目的なら、油分が多く含まれている下地は使わずにフェイスパウダーのみを使用するのがおすすめです。

 

フェイスパウダーではカバー力が足りないという人は、パウダーファンデーションを選びましょう。
リキッドファンデーションは毛穴に入り込んでしまうのでニキビ肌にはおすすめできません。

 

最近は、ミネラルファンデーションというニキビ肌に優しい無機質なファンデーションも販売されているので、気になる方はチェックしていてください。

 

石鹸で落とせるので、クレンジングの時にもお肌に負担を与えません。

 

コンシーラーでポイント的に隠す!

ニキビをポイント的に隠すのにはコンシーラーを使います。

 

でも、コンシーラーだけでニキビを隠すのはなかなか難しいのでテクニックが必要です。
指でつけると浮いてしまうので、コンシーラーブラシを使うのがおすすめです。

 

色はニキビの赤みを隠すために黄色みがかったものを選ぶと良いでしょう。
肌の色よりも暗めの色を選ぶのがポイントです。

 

上手に隠すためには色選びが一番重要です。

 

コンシーラーだけではどうしてもなじまないという場合は
ファンデーションと併用するのがおすすめですよ。

 

ニキビの時はできるだけ化粧をしないようにしましょう

ファンデーションやコンシーラーを使えばニキビやニキビ跡を隠すことはできますが、ニキビ肌にはあまりよくありません。

 

ファンデーションやコンシーラーを使うのは緊急事態の時のみにして、普段はできるだけ化粧による負担をお肌に与えないようにしましょう。

 

ファンデーションでニキビを隠す?ニキビ肌でも使えるのはこれ!