思春期ニキビ ニキビ跡 悪化

思春期ニキビをニキビ跡まで悪化させないために気をつける3つのこと

ニキビができてしまうと気になって触ってしまうという子は多いと思います。すっきりしたくて必死で芯を出そうとする子もきっといますよね。

 

でも、ニキビは気を付けないとニキビ跡になって一生後悔することになってしまうので要注意です。

 

ニキビ跡になって後悔しないためにも、「思春期ニキビがニキビ跡まで悪化しないために気をつけたいこと」を紹介していきます。

 

ニキビ跡まで悪化させないために気をつける3つのこと

ニキビを潰す

ニキビを潰すことはニキビ跡の大きな原因になってしまいます。

 

固く盛り上がったニキビは気になるものですが、潰してしまうと周りの皮膚に圧がかかり、引っ張られた皮膚がそのままニキビ跡となって残ってしまう恐れがあるので、ニキビを潰すのはやめましょう。

 

また潰したところからばい菌が入ると、炎症を起こしてしまう可能性もあります。ニキビは炎症を起こすとニキビ跡になりやすいので、跡を残したくなければニキビは潰さないのが一番です。

 

赤ニキビを放置する

赤ニキビを放置することもニキビ跡につながります。

 

赤ニキビというのは皮脂が詰まっただけの初期の状態である白ニキビや黒ニキビが炎症を起こしてしまっている状態です。赤ニキビの炎症が続くとそのまま赤く跡となって残ってしまうので、炎症はできるだけ早く治めてあげることが必要です。放置はしないようにしましょう。

 

赤ニキビになったら要注意!!早く治したいビタミンCが重要!

 

ゴシゴシと洗顔する

子供の洗顔って「キレイにしよう」「汚れを落とそう」と思ってゴシゴシと洗顔する場合が多いです。ゴシゴシ洗顔はニキビを悪化させてしまいます。

 

思春期ニキビができているお肌はとてもデリケートな状態。ちょっとの刺激でもダメージを受けてしまいます。ニキビを悪化させると炎症が起こり、ニキビ跡になりやすくなるので思春期ニキビができたら、洗顔時にもできるだけ刺激を与えずに優しく洗えるようにしましょう。

 

手でごしごしとこするのは絶対にダメ。洗顔料をしっかりと泡立てて、泡をお肌に乗せるイメージで優しく洗顔していきましょう。

 

洗うときだけでなく、タオルでふくときもゴシゴシ拭くのはお肌にダメージを与えるので丁寧に押し拭きすることが大切です。

 

思春期ニキビを早く治すための正しい洗顔方法!

 

3つのポイントに気を付けてニキビ跡を作らない!

思春期ニキビは上手に付き合っていけばニキビ跡を作らないようにすることも十分可能です。

 

ニキビ跡ってニキビ以上に悩みの種になるものです。以上の3つのポイントに気を付けて、ニキビ跡ができないように気をつけましょうね。