ニキビ跡におすすめの化粧水

ニキビ跡におすすめの化粧水4選!!ニキビ跡に有効な成分は?

ニキビ跡

 

ニキビ跡ってニキビ以上に治りにくいから最悪ですよね。

 

ちょっとでもニキビ跡を薄くしたい、治せるものは治したいならニキビ跡に有効な成分が含まれている化粧水を利用しましょう。

 

ニキビ跡といっても、デコボコしたクレーター型以外にも種類があるので、まずはあなたがどのタイプのニキビ跡なのか?そのニキビ跡にはどんな有効成分が必要なのか知ってください。

 

ニキビ跡の種類

ニキビ跡の種類

ニキビが治った後にできるニキビ跡。なぜニキビ跡が残ってしまうのでしょうか。
ニキビ跡にはいくつかの種類があります。

 

ニキビ跡を改善するためには自分のニキビ跡がどれか、まず知っておく必要があります。

 

赤みによるニキビ跡

ニキビの炎症が肌表面では治まっていても、肌の奥の方がまだ炎症を起こしていたり、炎症によって毛穴周辺に血液が溜まっていると、皮膚の下から赤みが透けて見えます。

 

これが赤みニキビ跡の正体。毛細血管の拡張によって起こります。
時間が経つと赤みが薄くなってきますが、炎症がひどいと時間がかかることもあります。

 

色素沈着型ニキビ跡

炎症のダメージで血液が酸化したり、メラニン色素が大量に生成されたために赤紫色や茶色などの色素が肌に残ってしまうのが色素沈着型のニキビ跡です。

 

色素沈着を起こしてしまうと元に戻すことが難しく、シミとなってしまうことも多いです。

 

クレーター型ニキビ跡

ニキビの炎症が原因で肌に凹凸ができてしまった状態をクレーター型のニキビ跡と呼びます。

 

ニキビの炎症によって、肌の組織が壊れてしまうので、毛穴周辺がへこんでしまったり、盛り上がってしまいます。

 

毛穴の開きによるニキビ跡

ニキビの炎症により、毛穴が開いて戻らなくなってしまった場合は、炎症によって毛穴の奥深くにダメージが及んでしまい、クレーター型ニキビ同様に肌の組織が壊れてしまっている可能性があります。

 

ニキビ跡に有効な成分

ニキビ跡におすすめの化粧水

ニキビ跡に有効な成分は、ニキビ跡の種類によって異なります。それぞれ見ていきましょう。

 

赤みによるニキビ跡&色素沈着型ニキビ跡に有効な成分

赤みによるニキビ跡や色素沈着型のニキビ跡は、お肌のターンオーバーを促進することで改善が期待できます。ターンオーバーを促進できる成分をスキンケアの取り入れましょう。

 

また、メラニンの生成を抑えるシミ予防の成分も肌の再生力を高めるのに有効です。

 

ターンオーバーを促進し、肌の再生力を高める成分としておすすめなのが「ビタミンC誘導体」
抗酸化作用や、抗炎症作用、美白作用のあるビタミンCをお肌に浸透しやすい状態に作られたのがビタミンC誘導体。ニキビケアやアンチエイジングなど幅広い目的で使われています。

 

同じく美白効果のある「ハイドロキノン」や抗酸化力のある「フェルラ酸」も抑えておきましょう。

 

その他、保湿成分も重要です。
ヒアルロン酸やアミノ酸、、セラミド、コラーゲンなどがお肌の保湿力を高めてくれる成分です。

 

赤みによるニキビ跡や色素沈着型のニキビ跡を治療する場合は、「炎症を抑える成分」「保湿成分」「美白成分」が配合されている化粧水を選びましょう。

 

クレーター型ニキビ跡&毛穴の開きによるニキビ跡

お肌の深いところまでダメージが及んでいるニキビ跡には地道なスキンケアでお肌を根本から変えていく必要があります。お肌の奥深くまで有効成分を届けて細胞を活性化させましょう。

 

クレーター型ニキビ跡&毛穴の開きによるニキビ跡におすすめの有効成分は、

 

  • 水溶性プラセンタエキス(ターンオーバー促進、美白効果、炎症を抑える効果)
  • グリチルリチン酸ジカリウム(炎症を鎮める効果)
  • ゼニアオイエキス(高い保湿効果)

 

などです。

 

クレーター型と毛穴の開きによるニキビ跡は化粧水で完全に治すのはほぼ不可能。
美容皮膚科で何十万円もお金をかけることができない方は少しでも薄くするために化粧水を利用しましょう。

 

ニキビ跡におすすめの化粧水4選

それではニキビ跡におすすめの化粧水を紹介します。

1.ビーグレン

ビーグレン

ピュアビタミンC配合「ビーグレン」

 

ビーグレンは「ニキビ跡ケアプログラム」として、ニキビ跡に効果のあるスキンケア商品をライン使いできるようになっています。

 

お試しセットも販売されているので、洗顔・化粧水・美容液・クリームをぜひラインで試してみてください。

 

お肌に負担をかけずに有効成分をお肌の奥深くまで届けることができます。

 

化粧水よりも美容液である「Cセラム」にはビタミンCを肌に届けるピュアビタミンCが配合されていて、それがニキビ跡に効くと評判です。

キャンペーン セット内容 公式サイト
1,800円 洗顔料/化粧水/美容液/クリーム 公式サイトはこちら

2.リプロスキン

リプロスキン

化粧水の浸透を良くする「リプロスキン」

 

リプロスキンには「プラセンタエキス」や「グリチルリチン酸ジカリウム」などの有効成分が含まれています。

 

普通の化粧水として使えますが、独自システムであるナノBテクノロジー3.0で浸透しにくい成分もお肌の奥深くまで届けることができます。

 

ビタミンC誘導体を含む化粧水や美容液との相性抜群。

 

キャンペーン セット内容 公式サイト
2,4900円 化粧水 公式サイトはこちら

3.アクレケア

アクレケア

デコボコ肌に薬用「アクレケア」

 

クレーター型のニキビ跡のために作られた化粧水です。

 

ヒアルロン酸の10倍の保湿力がある月下香エキス、ビタミンCの含有量が世界一といわれているカムカム、注目の新美容成分卵殻膜、などが配合されています。

 

肌のターンオーバーを促進させて、しっかりとお肌を保湿する効果が期待できます。

キャンペーン セット内容 公式サイト
4,500円 化粧水 公式サイトはこちら

4.シーボディーVCシリーズ

シーボディ

浸透力の高いVC200配合「シーボディVCシリーズ」

 

あらゆるニキビトラブルに対応できるように作られたVCシリーズ。「最新型ビタミンC誘導体」と「高機能ビタミンA・E誘導体」が配合。

 

アクネ菌抑制にもなる「サリチル酸」も含まれていてニキビ跡のケアだけでなくニキビのできにくい肌へ導きます。

 

お肌に優しい無添加処方なので敏感肌の人でも安心です。
化粧水だけでなく、泡フォーマーやクリームなども一緒にライン使いできるとさらに高い効果が期待できそうです。

キャンペーン セット内容 公式サイト
1,800円 化粧水/美容液/クリーム 公式サイトはこちら

 

ニキビが治った後もニキビ跡の悩みが続いてしまうのは嫌ですよね。ニキビ跡は、いつか治ると放置していても改善されません。早めの対処で症状を改善することができます。

 

ニキビ跡の種類ごとに、有効成分が異なるので、自分のニキビ跡に効果的な成分を知り、最適な化粧水を選びましょう。

 

ニキビ跡を早く治すなら高濃度のビーグレン!

ビタミンC誘導体が配合されている化粧水はいくつかありますが、中でもおすすめなのがビーグレンです。ビーグレンはビタミンC誘導体の中でも超高濃度であるピュアビタミンCが配合。

 

ビーグレンに配合されているピュアビタミンCは7.5%で、一般的なビタミンC誘導体配合商品に比べて濃度が濃いのが嬉しい魅力です。ただし、高濃度のため肌がその濃度に慣れるまで刺激を感じる場合があります。その点を覚えておいてください。

 

継続的にビタミンC誘導体を摂りいれることで、ターンオーバーが正常に働きお肌が再生していくので、「赤みのあるニキビ跡」「クレータータイプのニキビ跡」も綺麗になってくれます。

 

1〜2ヶ月で治るものではありませんので、あきらめず続けてみましょう。

 

ビーグレンの口コミ

 

20歳
使うとちょっとお肌に刺激を感じました。乾燥して突っ張るので保湿対策が必要です。ニキビに効果はあるのですが高いのでなかなか買えないです。


 

23歳
酷いニキビとニキビ跡に悩んでいたので購入しました。ニキビの炎症は治まりニキビ跡も薄くなってきたように思います。でも、とにかく値段が高いので継続利用が難しいです。


 

21歳
ニキビが治ってはできての繰り返しで、跡もかなりあったのですが、ビーグレンを使ってみると、ニキビの炎症がすぐにおさまって跡も薄くなりました。こんなに即効性があるなんてびっくりです。毛穴も目立たなくなったし、お肌の状態がとにかくよくなりました。


 

ニキビやニキビ跡に効果があったという声が多いですが、「値段が高い」という声も多いです。ビタミンC誘導体が高濃度で配合している化粧水はどうしてもコストがかかってしまうんですよね。

 

思春期ニキビに悩んでいる世代の方が継続利用するにはちょっと高すぎるので、お金に余裕が出てくる20〜30代の方が愛用しています。お試しなら手が出せますが、現品だとキツイと思います。

 

金銭的な問題が許すならお子様のニキビ跡のためにぜひ試させてほしいと思います。