プロアクティブが合わなかった子供が気をつけたい3つの洗顔知識

プロアクティブが合わなかった子供が気をつけたい3つの洗顔知識

思春期ニキビ用にプロアクティブを使ってみたけれど合わなかった理由には、洗顔ブラシでニキビを悪化させてしまったということや根本的に洗顔料が肌にあっていないということが考えられます。

 

【参考記事】プロアクティブでニキビが悪化!?その原因は電動ブラシ??

 

思春期の子供がニキビを治すときに気をつけたい洗顔についての知識をこちらでは紹介しています。

 

ニキビの状態によって洗顔料を変える

プロアクティブは思春期ニキビに効果があると言われていますが、すべての人に効果があるわけではありません。自分のお肌にあっているかどうかは慎重に見極めながら、もしお肌にあっていなければすぐに使用を中止することが大切です。

 

思春期ニキビは皮脂の過剰分泌による毛穴のつまりが主な原因なので、プロアクティブのような洗浄力の強い洗顔料は効果的なのですが、炎症を起こしているニキビや、敏感肌の人には不向き

 

ニキビの状態には「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」「黄ニキビ」「ニキビ跡」と種類があるので、状態によって洗顔料を変えるようにしましょう。プロアクティブは他のニキビ商品に比べると強めの成分でできているの白ニキビ向きです。

 

【関連記事】ニキビの種類※白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ

 

ニキビケア商品は成分に注目!!

ニキビ向け商品に含まれている成分でニキビに有効なのは主に3つ。

 

・グリチルリチン酸…炎症を抑える効果のある成分。ちょっと弱め。
・サリチル酸…古い角質を溶かして落とす。洗浄力が強いのでニキビの治りも早い。
・ビタミンC誘導体…ニキビ+ニキビ跡や美白、アンチエイジングにも。高価。

 

出来たての白ニキビとかは悪化する前に早めに治したいのでサリチル酸が有効ですが、炎症を起こした状態にまで悪化しているならグリチルリチン酸やビタミンC誘導体が有効。

 

洗顔するときは肌を傷つけないように優しく洗顔

プロアクティブでニキビを悪化させてしまう大きな原因がディープクレンジングブラシという付属の電動ブラシの使用です。

 

普段は行き届かない汚れまで洗い流すという目的で付属されているのですが、電動ブラシを使うことでニキビがダメージを受けて炎症を起こしてしまうことも多々あるようです。

 

ちなみに「炎症ニキビには使わないでください」と注意書きがしっかりと書かれています。

 

ニキビの時にはお肌は弱っている状態ですからできるだけ刺激を与えずに優しく洗顔することが必要です。それなのに、電動ブラシを使ってしまったら、摩擦が刺激となってしまいますよね。

 

お肌が弱い人はもちろんのこと、思春期ニキビができてしまって弱っているお肌には、電動ブラシは使用せず良く泡立てた泡で優しく洗顔するようにしましょう。

 

プロアクティブで失敗したな〜と思った方は上記3つを守る

プロアクティブを使ってニキビが悪化したり、ニキビが治らなかったのは基本的に上記の3つのどれかがいけなかったはずです。当てはまるものはありましたか?

 

あなたのニキビの状態に合っていないものを使っても効果は薄いです。
状態によって成分を変えなきゃニキビは治りにくいです。
肌を傷つけてしまってはニキビは治らないor悪化してしまいます。

 

何個もニキビケア商品を使って損をする前にあなたのニキビの状態に合ったものを使って早くニキビが治るようにしましょう。

 

TOP⇒思春期ニキビにおすすめ洗顔料ランキング〜小学生・中学生・高校生別〜