小学生なのにニキビができる!!スベスベな肌を保つため6つの心構え

小学生なのにニキビができる!!スベスベな肌を保つため6つの心構え

 

思春期ニキビというのは一般的に、中学生や高校生にできることが多いのですが、最近では小学生のころから出来始める人も増えているようです。

 

小学生なのにニキビができるという子のために、こちらで紹介する「スベスベな肌を保つため6つの心構え」を実践させてみてください。

 

スベスベな肌を保つため6つの心構え

@食生活に気を付ける
小学生のニキビの大きな原因として、食生活が考えられます。油分を多く含むお菓子ばかり食べていると皮脂が分泌されやすくなりますから過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まってニキビになってしまいます。

 

スナック菓子やチョコレートなど油分の多いお菓子はできるだけ控えて、きちんとした三食の食事からバランスよく栄養を摂ることが大切です。

 

A顔を触らないこと!
顔をむやみやたらに触ってしまうと、お肌が清潔な状態を保てなくなり、ニキビができてしまう原因になります。なるべく顔に触れないようにするというだけでなく、手もいつも清潔な状態で居られるように心がけましょう。

 

B夜更かしをしない
睡眠はお肌のためにとても大切なことです。お肌は寝ているときに再生をしますから夜更かししてしまうとターンオーバーが正常にできなくなってしまいます。

 

お肌の状態が悪くなるとニキビができやすくなってしまうので夜更かしせずにしっかりと睡眠を取るようにしましょう。ちゃんと睡眠を取ることはニキビ予防だけでなく、思春期の頃の成長にとっても大事なことです。

 

C適度な運動を心がける
適度な運動を毎日行うことも、お肌のためには大切です。部活やクラブに入っている場合は十分な運動量を得られると思いますが、入っていない場合は、積極的に体を動かすように心がけましょう。

 

Dお肌に優しい洗顔料を使用
ニキビ改善や予防のためにはお肌に優しい洗顔料を使用することが効果的です。洗顔料の中には刺激が強い物も多いのでなるべくお肌に負担をかけない様に優しい成分の物を選びましょう。スクラブ入りなどは刺激になることもあるので要注意です。

 

お肌への優しさの面では、固形石鹸もおすすめですよ。固形石鹸は洗顔フォームに含まれている界面活性剤が使われていないのでお肌への負担を最小限にすることができるのです。

 

洗顔時の刺激が気になる人は固形石鹸をチェックしてみてくださいね。

 

小学生ニキビにおすすめの洗顔料ランキング!!

 

E塗り薬はなるべく使わない
ニキビができると早く治したいとおもって塗り薬を使う人も多いですよね。でもニキビ用の塗り薬はとても刺激が強いのでニキビを治す効果はあっても、お肌には良くありません。

 

お肌の乾燥の原因になったり、ニキビ以外の肌トラブルを引き起こしてしまいます。塗り薬はなるべく使わずに他の方法で改善していけるといいですよね。

 

6つの心構えを守って、ニキビを予防しましょう!

紹介した6つの心構えをしっかり守ることができたら、ある程度はニキビの発生を抑えることができます。ニキビを予防したい!という人は6つの心構えを常に頭に入れておきましょう。

 

今すでにニキビができてしまっているという人は6つの心構えにプラスして、ニキビ用の洗顔料を使うのがおすすめです。ニキビ用の洗顔料でできてしまったニキビを改善しながら、ニキビ予防をしていきましょう。