ニキビの種類と原因※白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ

ニキビの種類と原因※白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ

ニキビには4つの段階と種類があるって知っていますか?

 

自分のニキビ状態を知ることで、ニキビを早めに治すことが可能ですよ。
簡単にご紹介するので、自分のニキビと比べてチェックしてみましょう。

ニキビの種類

@白ニキビ


白ニキビはニキビの初期段階。肌が白くぽつっと膨らみます。直径1〜3mm程度の小さなニキビで、治りやすいのが特徴です。白ニキビのうちに治療しておきたいところです。

 

白ニキビの原因は皮脂や角質、汚れなどが毛穴に詰まることです。

 

毛穴に老廃物が溜まり、皮膚が膨らんでしまうのです。皮脂の過剰分泌や、お肌の状態が悪く皮脂が正常に排出されないなど、様々な要因で毛穴が詰まります。

 

<皮脂の過剰分泌の原因>

  • 思春期の成長ホルモンの影響
  • ストレス
  • 洗顔のし過ぎによる皮脂不足
  • 脂っこい食事

 

<毛穴詰まりの原因>

  • 皮脂の過剰分泌
  • ファンデーションが毛穴に溜まる
  • シャンプーの洗い残し

 

白ニキビは毎日のスキンケアや生活習慣ですぐに改善させることができますが、普段からニキビのできにくい生活習慣やスキンケア方法を心がけましょう。

 

おでこや鼻にできやすい白ニキビの治し方!!早く治したいならコレ!!

 

A黒ニキビ


黒ニキビは毛穴が黒く膨らんだ状態のニキビです。皮脂が空気に触れて酸化したために黒い色になります。白ニキビが悪化した状態ともいえますが、まだ毛穴は炎症を起こしていないので比較的治りやすいニキビです。

 

黒ニキビの原因は、白ニキビの原因とほぼ同じです。

 

白ニキビが「閉鎖面皰」と呼ばれているのに対し、黒ニキビは「開放面皰」とも呼ばれてて、毛穴の入り口が閉まっているのか、開いているのか?で変わってきます。

 

黒ニキビを治すときの基本は触らないこと!洗顔で古い角質を落とす!

 

B赤ニキビ


赤ニキビは、皮膚が赤く膨れているニキビで、痛みやかゆみを伴うこともあります。毛穴が炎症を起こしている状態なので、お肌は大きなダメージを受けます。

 

治りにくく、跡に残りやすいので、慎重に治療していく必要があります。

 

赤ニキビの原因も基本的には白ニキビと同じで、皮脂の過剰分泌と毛穴詰まりですが、毛穴奥の皮脂や汚れを餌にしてアクネ菌が増殖して炎症を起こしてしまっている状態です。

 

赤ニキビができてしまったらなるべく早く炎症を抑えるようにしましょう。

 

赤ニキビの炎症が悪化すると炎症部分が膿を持ってしまい、黄ニキビになってしまいます。
黄ニキビになるとさらに治りづらく、ニキビ跡にもなりやすいので要注意です。

 

赤ニキビになったら要注意!!早く治したいビタミンCが重要!

 

C黄ニキビ


赤ニキビがさらに悪化して、膿がでている状態。
ここまで炎症がすすんでしまうと、ニキビ跡になるのは避けられません。自分でケアするのも限界があるので、早めに皮膚科に行って治療することが先決です。

 

※黄ニキビにまで悪化したら基本的に自宅でのケアは控え、皮膚科に行くようにしましょう。
自宅でケアしたい場合は赤ニキビと同様です。

 

Dニキビ跡の原因

ニキビ跡
ニキビが治ったあとに赤みが引かなかったり、色素沈着を起こしたり、クレーター状の凹凸ができてしまった状態をニキビ跡と言います。

 

ニキビ跡ができる原因は様々ですが、赤ニキビや黄ニキビの後が原因となってできてしまうので、ニキビは悪化させずに白ニキビや黒ニキビのうちに直してしまうのが理想です。

 

<赤みのあるニキビ跡の原因>
ニキビができたことによって毛細血管の拡張すると、赤く跡が残ってしまうことがあります。

 

また、ニキビが治っているように見えても肌の奥深くが炎症を起こし、その赤みが透けている状態で赤みのあるニキビ跡ができる場合もあります。

 

<色素沈着のニキビ跡の原因>
ニキビによって肌組織がダメージを受けると、コラーゲンをうまく生成できなくなります。その結果コラーゲンによって抑制されていたにメラニンが大量生成し、茶色や紫色の色素沈着として跡になります。

 

<クレーター上のニキビ跡の原因>
ニキビが重い炎症を起こすと、体はアクネ菌の増殖を停めるために皮膚細胞を破壊します。
そのために肌が元通りに再生することができなくなり、肌に凹凸となって残ります。

 

この状態がひどくなるとしこりやケロイドなどのニキビ跡になる場合もあります。

 

【関連記事】ニキビ跡におすすめの化粧水4選!!ニキビ跡に有効な成分は?

 

その他、白ニキビや黒ニキビの時でも、潰そうとして肌に圧をかけてしまうとニキビ跡になることがあるので気を付けましょう。

 

ニキビは状態によって、ケア方法が異なります。見極めが不安な場合には、皮膚科に行って相談しましょう。赤ニキビや黄ニキビになってしまうと、ニキビ跡が残ってしまうことがほとんど。

 

できるだけ初期の状態で治療するようにしましょうね。

 

思春期ニキビにおすすめ洗顔料ランキングに戻る