クレアラシルは思春期ニキビにおすすめ?口コミや成分まとめ

クレアラシルは思春期ニキビにおすすめ?口コミや成分まとめ

クレアラシル

「思春期ニキビにはどんな洗顔料を使ったらよいの?」と悩んでいる人は多いと思います。
思春期ニキビといえば、有名なのがクレアラシルの商品。

 

すでにニキビ対策用に使っている人もいるかもしれませんね。
クレアラシルは、思春期ニキビに本当に効果があるのでしょうか。

 

代表的な商品の紹介と、口コミを見ていきましょう。

 

クレアラシルの商品ラインナップ

クレアラシルの商品

クレアラシルの代表的な商品ラインナップはこちらです。

 

  • 薬用洗顔クリーム

    ・・・チューブタイプの洗顔料。主成分のサリチル酸がアクネ菌を殺菌します。

  • 薬用アクネジェル

    ・・・気になる部分にピンポイントで使用して、ニキビを予防する薬用ジェル。ビタミンB6や、保湿成分のアロエエキスが配合されています。

  • ニキビ治療薬クリーム(白色タイプ・肌色タイプ)

    ・・・クリームタイプの治療薬で、硫黄、レゾルシン、グリチルリチン酸にカリウム、トコフェロール酢酸エステル配合。殺菌、消炎、皮脂吸収効果があります。

 

クレアラシルの洗顔フォームの口コミ

 

口コミ1
洗った後、顔がとてもつっぱります。皮脂が全部なくなった感じ。泡立ちも良くないので、一度にたくさんの量を手に取って泡立てています。ニキビへの効果はまだわかりません。

 

口コミ2
有名だから買ってみたけど、そんなに良いとは思えませんでした。洗浄力が強すぎるし泡立たないのでごしごし洗うため、逆にニキビが増えました。

 

口コミ3
ニキビが全然できなくなったわけではありませんが、できにくくなったような気はしています。洗い上がりがさっぱりしすぎているので、保湿ケアは欠かせません。


クレアラシルの洗顔料をニキビ対策に使用している人は多いですが、効果をはっきり感じられている人は口コミでも少ないようです。

 

効果よりも、洗浄力の強さや、泡立ちの悪さについての口コミが、目立ちました。
使用感も洗顔料を選ぶ大事なポイントになってくるので、口コミを参考にしてください。

 

クレアラシルの主成分に使われているサリチル酸とは?

サリチル酸とは、角質を薄くして柔らかくする働きがあり、古い角質を落とすのに効果的な成分。
抗菌・殺菌作用もあり、ニキビの原因であるアクネ菌を殺菌して、繁殖を防ぐ効果もあります。

 

サリチル酸はニキビに有効な成分の一つですが、無理やり角質を落とす強い洗浄力があるので、赤ニキビなど炎症したニキビには使わないようにしましょう。

 

クレアラシル治療薬の口コミ

 

口コミ1
使ったら、塗っていたところがカサカサ乾燥して皮がむけました。肌は強い方だったので驚きました。硫黄のニオイも気になって眠れないし、もう使いません。

 

口コミ2
塗ったところが朝起きたら、赤く腫れあがっていました。ひりひり痛いし最悪です。

 

口コミ3
小さいニキビなら、これを塗れば炎症がおさまります。ニキビ跡になったら怖いので、ニキビができたら使っています。

 

口コミ4
ニキビに特に効果がなく、塗っても塗らなくても同じです。


クレアラシルの治療薬クリームは、口コミ評価がとても低いです。

 

中には、ニキビを治す効果を実感していて、ニキビ対策には欠かせないという人もいますが、多くの人が、効果が全く感じられないか、肌トラブルを起こしてしまっています。

 

クレアラシルのニキビ薬に含まれる有効成分であるイオウは、肌を乾燥させて治すと成分なので、その結果、皮が剥けたり、刺激を感じてしまうのです。

 

思春期ニキビは、成長ホルモンの影響で対策してもできやすい状態なので、薬を塗って無駄に肌の抵抗力を弱くするよりも、普段のスキンケアと食事や睡眠などの生活習慣で治していきましょう。

 

クレアラシルは思春期ニキビにはおすすめできません

クレアラシルの商品は、ニキビケア化粧品として有名ですが、口コミを良く見てみると、悪い口コミが多く、思春期ニキビ対策としてはあまりおすすめできません。

 

特に治療薬クリームは、塗ったら赤く腫れあがってしまったり、かぶれたり、皮がむけたりすることがあるので、使用するときは細心の注意を払ってください。

 

思春期ニキビにおすすめ洗顔料ランキングに戻る